そもそもミョウバン水って何?

ミョウバン水 効果

 

ミョウバンとは、硫酸カリウムアルミニウムのことで、ナスの漬物の色落ち防止やゴボウのあく抜き、膨張剤としてベーキングパウダーなどに使用され、薬局でもスーパーでも手軽な値段で市販されています。

 

自然界では、大分県の明礬温泉など、ミョウバンが含まれていて薬湯できる温泉もあります。ミョウバン水の効果は他にもあり、消臭、殺菌、制汗作用があり、古代ローマでも使われていたと言われています。

 

ミョウバン水は、ミョウバンや焼きミョウバンを買ってきて水で溶けば、簡単に作れてしまいます。そのミョウバン水をスプレー容器に詰め替えれば、自作のデオドラント剤が出来てしまいます。稀に、肌に合わない人がいて、かぶれなどの症状が出る事があります。

 

ミョウバン水の様々な効果

ミョウバン水 効果

 

ミョウバンは

水に溶けると酸性になり、ミョウバン水を肌に吹き付けるとアルカリ性だった肌が弱酸性になり、細菌の繁殖を抑えてくれる働きがあります。アルカリ性の臭い成分を中和するので、消臭効果があり、肌の毛穴や汗腺を引き締める効果もあり、制汗作用も期待できます。

 

汗のアンモニア臭にもペットのおしっこなどの消臭にも使用できます。ワキガや頭皮や足の臭いにも有効で、ミョウバン水が肌や頭皮に被膜を作り、抗菌・殺菌効果で細菌の繁殖を抑制し、嫌な臭いを予防・軽減してくれます。

 

ミョウバンを緑茶で溶けば、緑茶のカテキンにも消臭効果があるのでよりパワーのあるミョウバン水が作れます。香りも楽しみたいならレモンやミントを入れるのも良いでしょう。

 

ミョウバン水が話題の理由

 

何度洗ってもすぐに臭ってきてしまって悩んでいる人の間で、体の臭い対策に、ミョウバン水が話題になっています。

 

ミョウバンには、皮膚や汗腺を引き締める収れん効果や微量に含まれているアルミニウムが汗と混じって酸化アルミニウムになる事で汗の出口をふさぐ制汗効果、皮膚を弱酸性に保つ事で細菌の繁殖を防ぐ殺菌効果があります。

 

汗の臭いが気になる人の臭い対策に効果的な要素が揃っているので、臭い対策ができると話題になっているのです。コストパフォーマンスが良い事も人気の理由で、自分で簡単に話題のミョウバン水を作ることが出来、ワキガや頭皮、足の臭いなど気になる臭い対策ができる所が人気の理由です。

 

ミョウバン水のワキガに対する効果は?

ミョウバン水 効果

 

ワキガは、独特な臭いがして周りの人に不快感を与えてしまうものです。人間の汗を出す汗腺には、全身に存在するエクリン線と脇の下や陰部などにあるアポクリン線があります。

 

エクリン線は、99%が水分で残りの1%が塩分、尿素、アンモニアで臭いは殆どありません。アポクリン線から出る汗は、白っぽく粘り気があり、タンパク質、脂質、糖分、アンモニア、鉄分が含まれていて、これらが細菌に分解されるとワキガの臭いが発生します。

 

ワキガのある人は、アポクリン線が多く、酷い時には除去手術をすることもあります。

ミョウバン水はワキガ対策に効果がありますが、ワキガを治すものではないので、あくまでも一時的なものだと認識した方がいいでしょう。

 

ミョウバン水の作り方

ミョウバン水 作り方

 

自宅で簡単に作る事ができるミョウバン水の材料は、スーパーや薬局などで売っている焼きミョウバンと水だけです。

漬物の色止めに使われる事が多い焼きミョウバンは、簡単に手に入れる事が出来ます。容器には、500mlのペットボトルを使う事がおすすめです。

 

毎回簡単に取り換えることができ、水の量をはかりやすいので便利です。作り方は、500mlのペットボトルに水道水を入れます。焼きミョウバンを15g入れて蓋をし、よく振ってまぜます。

 

最初は、濁りが気になるかもしれませんが、そのまま置いておくと透明になるので、1〜2日程度そのまま置いておきましょう。100円ショップにあるスプレー容器に移して、10倍程度に薄めると完成です。

 

ミョウバン水を使うときの注意点

ミョウバン水 注意点

 

作り方が簡単で、誰でも自宅で手軽に作ることが出来るミョウバン水は、臭いが気になるからといって全身の肌に使ってしまうと、収れん作用がある為、発汗による体温調節がうまく出来なくなるので

臭いが気になる部分にだけ使い、全身に吹きかけてしまわない様に注意しましょう。

 

ミョウバン水を保存する時には、冷蔵保存が基本です。冷蔵庫に入れて保存し、2週間程度で使い切るようにしましょう。慣れてくると、使う量が分かってくるので、自分に合う量に調節して作ることが出来る様になります。

 

肌が赤くなったり、かゆみが出たりした時には、水で良く洗い流し、使用を中止しましょう。初めて使う時には、パッチテストをする事をおすすめします。

 

ワキガ対策にミョウバン水を使うには

ミョウバン水 効果 ワキガ対策

 

普通の汗臭さとはレベルの違う悪臭を放つことで有名なワキガですが、ミョウバン水を使う事で消臭効果が得られます。スプレータイプのボトルにミョウバン水を入れて、脇の下などの症状が目立つ所に直接吹き付けるようにして使います。

 

清潔にした状態で使うとより良い作用をもたらしますので、入浴後に吹き付けるのがおすすめです。日中の活動中に使っても問題ありません。小さなボトルに入れて、外出時に一緒に持っていっても良いでしょう。制汗スプレーのように手軽に使えるのが魅力です。

 

作り方はとても簡単で、市販されているミョウバン50gに対し、水を1500mlを混ぜるだけです。ペットボトルに入れて蓋をし、振ることによって簡単に混ぜ合わせる事が可能です。

 

ミョウバン水でワキガを抑えられない人って?

ミョウバン水 効果 ワキガ

 

とても格安に手に入れる事ができる便利なミョウバン水ですが、ワキガの状態によっては効果が殆ど無いケースも見られます。効果が出にくい人は、症状のレベルが強い人です。

 

単なる水分を吹き付ける方法ですので、症状がある部分に定着する時間が少ないのが欠点です。すぐに効果が弱まってしまう為、臭いがきつめの人だとごく短時間で臭いが気になってきてしまいます。

 

また、汗をたくさんかく人も効果を実感できません。汗を掻いた瞬間に吹き付けたミョウバン水が簡単に流れてしまう事から、折角の消臭効果がなくなってしまうのが問題です。

 

これは汗っかきの人に限らず、真夏の暑い季節には誰でも汗をたくさんかきますので、殆どの人に対して効果が期待できないといえます。

 

ミョウバン水より抑えるならワキガ対策クリームのクリアネオ

ミョウバン水 効果 クリアネオ

 

簡単に取れてしまうミョウバン水を使うよりも、ワキガの臭いを抑えることで有名なクリアネオを使ってみましょう。

ワキガにはスプレータイプの制汗剤よりも、クリームタイプの方が定着力が強く、消臭効果が持続すると知られています。

 

クリアネオはクリームタイプの制汗剤であり、国産の医薬部外品というお墨付きを得ている信頼できる製品です。臭いの元になる雑菌の繁殖を抑える成分が含まれており、検査において99.999%の殺菌力を持っていることが実証されています。

 

消臭する速度に関しても大変優れているのが特徴で、塗ってから30分で悪臭を抑える効果を発揮してくれます。消臭効果を落とす原因になりがちな汗を抑える成分も含まれているのが、高い効果をもたらす理由の一つです。

 

ワキガ対策のクリームなら

▼▼▼

デオシークの口コミ・効果