ミョウバン水の3つの効果

 

ミョウバン水には

殺菌

 

消臭

 

制汗

の3つの効果があると言われています。

 

漬物の色止めなどに使っているのを知っている人が多いと思いますが、ミョウバンは水に溶けると酸性になる事から、アルカリ性を好む細菌の繁殖を防ぐ効果があると言われています。

 

また、いろいろな金属が微量に含まれているので、金属による消臭効果やアルカリ性の臭いの中和効果がある事も知られています。ミョウバン水には、肌を引き締める収れん効果があり、毛穴や汗腺が引き締められて汗の分泌を抑えてくれます。

 

ミョウバンに含まれているアルミニウムが、汗とまじりあう事で水酸化アルミニウムに肌の上で変化し汗を少なくする効果がある事も有名です。

 

ミョウバン水の副作用

ミョウバン水 副作用

 

ミョウバン水には、肌や毛穴を引き締める収れん効果や微量に含まれているアルミニウムが汗とまじりあって水酸化アルミニウムに変化する事により汗の出口を塞いで汗の量を少なくする制汗効果があります。

 

また、殺菌効果や消臭効果もある事から、汗の臭いが気になる人や体の臭いが気になる人が使う臭い対策として、最近、大変話題になっています。

 

臭いが気になるからといって、ミョウバン水を全身の肌に塗ってしまうと、収れん作用や制汗作用が働いて、汗の出口がなくなってしまい、汗をかく事による体温調節機能が出来なくなる副作用や毛穴が塞がれて、かぶれてしまうなどの副作用が起きる事があるので、注意が必要です。

 

ミョウバン水の作り方

ミョウバン水 副作用 スプレーボトル

 

ミョウバン水を作る時には、ペットボトルを使う事がおすすめです。ペットボトルは500mlの場合が多いので、軽量が楽になり、毎回同じ濃度で作る事ができます。必要な材料は、水と焼きミョウバンです。水は、塩素が含まれている水道水を使う事がおすすめです。

 

ペットボトルに水道水を500mlと焼きミョウバンを15g入れて蓋をし、良く振って混ぜます。作った直後は、濁りがありますが、1〜2日そのままにしておくと透明になるので、置いておきます。

 

使う時は、10倍程度に薄めて、100円ショップに売っているスプレー容器などに入れておくと使いやすいですよ。

肌に赤みやかゆみが出た時には、水で洗い流し、使用を中止しましょう。

 

>> 手軽に作れるミョウバン水の効果  TOP